マイナンバー制度について

平成27年10月から始まるマイナンバー制度

平成27年10月から「マイナンバー制度」が始まります。

マイナンバー制度ってなに? チャットレディのお仕事と何か関係あるの?
と気になってるチャットレディの方も多いでしょう。

マイナンバー制度とは

マイナンバー制度とは、国民一人ひとりが持つ12桁の個人の番号のことで、
所得や納税実績、社会保険に関する個人情報を管理できるようになる制度です。
実際にマイナンバーが必要となるのは、平成28年1月からになります。
マイナンバー制度が始まると、下記のようなことが可能になります。

1.面倒な手続きが簡単になる
2.手続が正確に早くなる
3.給付金など、不正受給の防止

マイナンバー制度は行政の効率化、国民の利便性の工場、
公平・公正な社会の実現に役立つ制度です。

詳しくは「マイナンバーとは?」を参照ください。

チャットレディと関係あるの?

色々なことが期待されているマイナンバー制度ですが、
副業をされている方にとっては、好印象を持たれていない方も多いでしょう。

マイナンバー制度が始まると、個人の預金なども確認できるようになるので、
銀行振込などで入ってくる所得も把握されるようになります。
と聞くと、不安に思ったり、疑問点も出てくるかと思います。
そこで、チャットレディさんが疑問に思う3点を挙げてみます。

会社に副業がバレる?

マイナンバー制度で会社にチャットレディの副業がバレないか、不安な方が
多いのではないでしょうか。

マイナンバーにも規則があり、民間企業へのマイナンバー流出は禁止されているので、
会社側にマイナンバーがバレる、ということはありません。

ですが、所得があれば税金が上がるので、会社に勤めていてチャットレディを
されている方は、会社にバレてしまう可能性は十分にあると言えます。

会社バレしたくない方は「副業チャットレディの注意点」を参照ください。

親・家族にバレる?

平成29年1月から「マイナポータル」というものが利用できるようになります。

マイナポータルとは、マイナンバーに紐付けられた個人情報である「特定個人情報」を、
誰がいつ、どこでやりとりをしたのかを確認できるようにするシステムのことです。

自宅のパソコンから、自分に対して必要な行政機関がマイナンバー(個人番号)の付いた
自分の情報を、お知らせ情報等を確認できるそうです。
なので、その制度が利用できるようになるまでは、当面はバレる心配はなさそうです。

ですが、ちゃんと税金を払っていないとバレやすくなるのは事実です。
稼ぎがあるということは扶養家族の対象外となる可能性が高まるので、
結婚されている方や親の扶養に入っている方などは注意が必要かと思います。

家族バレしたくない方、扶養からはずれたくない方は
専業主婦と学生のチャットレディの注意点」を参照ください。

納税はどうなる?

マイナンバー制度によって銀行に収入がいくら入ったのかがすぐに分かるようになり、
これまで申告していない分の税金が請求される可能性もあるので、高額の所得者は
しっかりと納税を行う必要があります。

当サイトで「チャットレディの確定申告と税金対策」について把握しましょう。